場所別オススメスキンケア法は?

スキンケアの悩み多くの女性はスキンケアになんらかの悩みを抱えています

もちろん、人それぞれ肌質は違いますから肌の悩みや適切なスキンケア商品は違ってきますが、肌トラブルのない美しい肌を手に入れるには、やはり今お使いのスキンケアを見直すことをおすすめします。

誰でも今一番自分の肌にぴったりなスキンケアを使いたいと思うものですが、世の中には商品がありすぎて一体何が一番良いのか…見つけることは困難です。

スキンケアを変えてみたい!そう思っている時は今のスキンケア用品に満足していないので、ぜひとも自分のお肌に合うスキンケアを探してみてください。

 

ここでは、肌の悩みに合ったべきスキンケアの選び方をご紹介します。

 

毛穴に効果的なスキンケア

毛穴の悩みと言っても人それぞれ。ここでは、毛穴悩みに合ったスキンケアを取り入れましょう。

開き毛穴

毛穴の悩み毛穴の皮脂腺が活発になると皮脂が多く分泌するので毛穴が開いてきます。

特に鼻周辺の毛穴が丸く目立っている方は開き毛穴タイプになります。

開き毛穴タイプの方は、洗顔料を見直しましょう。朝と夜の洗顔時にしっかりと皮脂を落とせる洗顔料を選びましょう。

特に、角質や皮脂の除去に有効な酵素入りや余分な角質を落とすAHA入りの洗顔料がおすすめです。毎日ケアをしていれば毛穴の凹凸が目立たなくなります。

 

毛穴の黒ずみ

黒い毛穴の悩み皮脂は空気に触れると酸化して茶色く見えてきます。

さらにメイクや空気中のホコリなどが毛穴に詰まると黒ずんでいるように見えます。ニキビができやすく、肌がごわつきやすい方は黒ずみ毛穴タイプです。

黒ずみ毛穴タイプの方は、とにかく触らないことが大切です。黒ずんでいる毛穴は目立ちやすいのでどうしても触りたくなってしまいますが、無理に毛穴の角栓を取ると毛穴がダメージを受けて悪化してきます。

そのため、黒ずみ毛穴の方も開き毛穴タイプと同じように皮脂や角質をしっかり落とせる洗顔料にして、汚れを蓄積させないようにしましょう。

 

乾燥毛穴

肌の角質層が乾燥すると表面のキメが乱れて毛穴がへこみ、影で毛穴が黒くみえます。

洗顔後すぐに肌がつっぱる方は乾燥毛穴タイプです。

感想毛穴タイプの方は、皮脂を取りすぎず保湿をするよう心がけましょう。

セラミドやヒアルロン酸配合のスキンケアを使用すると、徐々に毛穴がふっくらして目立たなくなってきます

 

たるみ毛穴

たるみ毛穴の悩み年齢を重ねると肌のコラーゲンやエラスチンが少なくなり、ハリを保つ力が弱くなります。

そうすると毛穴が楕円状に見えてきます。

一度たるんでしまうと元通りには戻せなくなってしまいます。

頬の毛穴が目立つ方はたるみ毛穴タイプです。

たるみ毛穴タイプの方は、肌の代謝を正常化にしてコラーゲンを増やすように心がけましょう

レチノール入りの美容液を取り入れたり、リンパマッサージなどを行なったりして肌の代謝を上げていきましょう。

 

ニキビに効果的なスキンケア

思春期にできるニキビは皮脂量の増加が大きな原因ですが、日常生活や間違ったスキンケアでもニキビができてしまいます。

ニキビ知らずの肌を目指すためには3つのポイントを守りましょう。

 

ニキビの原因菌「アクネ菌」から守る

ニキビはアクネ菌が繁殖することで発生します。

そのため、スキンケアではアクネ菌が増えないように抗菌作用のある有効成分を配合したものを使用しましょう

ただし、刺激が強すぎると肌にダメージを与えてしまうので注意。

 

ニキビの原因となる皮脂を適度に落とす

皮脂は過剰に分泌すると毛穴詰まりを起こし、ニキビを発生させます

そのため、日頃から毛穴に皮脂や汚れが溜まらないよう洗顔はしっかりと行いましょう。

特に、ニキビのもとになりにくいノンコメドジェニックテスト済みの製品がおすすめです。

 

なめらかな肌に整える

「ニキビ対策=さっぱり」というイメージがありますが、ニキビ対策にも保湿は欠かせません。

保湿は肌に水分を与えるだけでなく、外部の刺激や乾燥からお肌を守ります。

また、保湿を怠るとかえって皮脂分泌が活発になるのでニキビを引き起こしやすくなります

 

ニキビ跡に効果的なスキンケア

ニキビの悩みニキビはできている最中だけでなく、跡が残ってしまう恐れがあるので厄介です。

ニキビ跡は簡単には消えてくれないので皮膚科やクリニックに頼ることもありますが、自分で地道にスキンケアで改善していくことも可能です。

 

ニキビは治ったものの、色素沈着したニキビ跡やや凹凸のあるニキビ跡が残ってしまった場合には、色素沈着を薄くする美白成分や肌の再生力を高めてくれるビタミンCが配合されたスキンケアの使用がおすすめです。

即効性はありませんが、日々使用すると色素沈着や凹凸が改善されてきます。

 

乾燥肌に効果的なスキンケア

肌がカサカサしている、ごわついている、皮がめくれる…といった乾燥肌は悪化するとバリア機能が低下して様々な肌トラブルを起こす要因となります。

乾燥肌は皮脂の分泌量が少なく、肌の保水力が低下している状態なので、しっかりと肌に水分を与えて肌のバリア機能を高めるようにする必要があります

そのためにも、まずは洗顔で古い余分な角質を落とし、新しい角質が生まれやすい状態を作ります。また、洗顔後は化粧水でしっかりと保湿、肌の水分保持してくれる美容液、乾燥を予防するクリームなどを使用しましょう。

乾燥が悪化している場合、ワセリンを使用すると乾燥から肌を保護してくれます。

 

肌荒れに効果的なスキンケア

肌荒れの悩み大人の肌荒れはストレスやホルモンバランスの乱れ、乾燥などが様々な原因が考えられます。

急に赤みや湿疹ができたり痒くなったりと肌荒れを起こした場合には、なるべく刺激を抑えたスキンケアを心がけましょう

クレンジングは刺激を与えないクリームやミルクタイプ、洗顔料は洗浄力が優しいタイプ、化粧水や乳液などは低刺激のものを使用し、刺激から守るようにしっかりと保湿をしましょう。

 

敏感肌に効果的なスキンケア

ストレス、季節の変わり目、少しの刺激に反応してしまうという敏感肌は、肌のバリア機能が低下している可能性が高いです。

また、年齢を重ねると肌のダメージを受けやすくなるので余分な成分が配合されていないスキンケアを選びましょう。

スキンケアはなるべくシンプルな成分で炎症を抑える成分が配合されているものが望ましいとされています。

また、敏感肌の方は肌の調子が不安定なので、

毎日鏡で見て手で触って肌の調子に合わせてケアしていきましょう。

 

赤みに効果的なスキンケア

赤みの悩み一時的な肌の赤みであればただの肌荒れですが、もしも赤みが常態化している場合にはアレルゲンが原因かもしれません。花粉をはじめ、黄砂や排気ガスなど様々な要因が考えられますが、特に肌のバリア機能が低下しているとこれらの影響を受けやすい傾向があります

バリア機能が低下している状態は敏感肌と同じように低刺激で高保湿のスキンケアを心がけるようにしましょう。

また、紫外線の影響も受けやすくなっていますので、紫外線対策も怠らないようにしましょう

 

スキンケア箇所のまとめ

肌の悩みというのは何歳になっても尽きません。ですが、その都度正しいスキンケアを行なうことで肌の悩みは最小限に抑えられますし、自ら美しい肌へと導くことができます

スキンケアの基本は洗顔・保湿・守るの3つです。

肌の状態に合わせた洗顔料で顔の汚れや皮脂を落とし、肌へ十分な水分を与えて保湿、そして最後に紫外線やアレルゲンから守ることを意識したスキンケアをはじめていきましょう。

また、スキンケアも大切ですが、体の内側から肌の調子を整えることも大切なので、日々の食生活や生活習慣なども一度見直してみることをおすすめします

 

タイトルとURLをコピーしました